日本文学

児童文学

安房直子『きつねの窓』ほか

今回は、教科書でもおなじみの『きつねの窓』をはじめとする安...
児童文学

柏葉幸子『霧のむこうのふしぎな町』

あらすじ 「たまにはかわったところもいいもんだぞ。」...
児童文学

角野栄子『ズボン船長さんの話』

『ズボン船長さんの話』は、『魔女の宅急便』や『小さなおばけ...
ミステリー・サスペンス

宗田理『ぼくらの七日間戦争』

今回紹介する『ぼくらの七日間戦争』は、2018年『小学生が...
近現代文学

菊池寛『無名作家の日記』ほか

『恩讐の彼方に』『父帰る』などで知られる菊池寛。今回はやや...
ミステリー・サスペンス

ハリイ・ケメルマン『九マイルは遠すぎる』

『九マイルは遠すぎる』(The Nine Mile Wal...
近現代文学

井伏鱒二『ジョン万次郎漂流記』、福沢諭吉『福翁自伝』

井伏鱒二『ジョン万次郎漂流記』―幕末を生きた漁師の数奇な人...
ホラー

江戸川乱歩『押絵と旅する男』

あらすじ 「アア、あなたは分って下さるかもしれません...
近現代文学

加藤道夫『なよたけ』

『なよたけ』(1946年)は、劇作家・加藤道夫が手掛けた戯...
ミステリー・サスペンス

西澤保彦『七回死んだ男』ほか

今回は、SFやファンタジーの要素を含む異色ミステリーを3点...
近現代文学

中島敦『悟浄出世』『悟浄歎異』

『山月記』や『李陵』などで知られる中島敦が独自の視点で描く...
児童文学

佐藤さとる『宇宙からきたかんづめ』

あらすじ スーパーマーケットでぼくが見つけたのは、お...