近現代文学

近現代文学

横光利一『機械』

横光利一の短編『機械』は、「四人称の設定」を取り入れた実験...
近現代文学

中島敦『文字禍』

今回は、ゲシュタルト崩壊を扱った中島敦の短編『文字禍(も...
近現代文学

マーク・トウェイン『アーサー王宮廷のヤンキー』

『アーサー王宮廷のヤンキー』(原題:A Connectic...
児童文学

L・F・ボーム『オズの魔法使い』

今回は、児童文学の名作『オズの魔法使い』をご紹介します。誰...
近現代文学

【まとめ】文豪あれこれ(1)

はじめに 近現代文学史における著名作家とその作品を紹...
近現代文学

ディケンズ『クリスマス・キャロル』、島崎藤村『三人の訪問者』

今回ご紹介するのは、チャールズ・ディケンズの『クリスマス・...
ファンタジー

ミハル・アイヴァス『もうひとつの街』

『もうひとつの街』は、チェコの作家ミハル・アイヴァスの代表...
近現代文学

尾崎翠『地下室アントンの一夜』『歩行』

今回は、『ちくま日本文学004 尾崎翠』より、連作短編『地...
近現代文学

芥川龍之介『枯野抄』

冷え込む朝が増えたり、枯れ葉が落ちるのを目にしたり、秋から...
近現代文学

萩原朔太郎『猫町』

あらすじ 読者にしてもし、私の不思議な物語からして、...
近現代文学

菊池寛『無名作家の日記』ほか

『恩讐の彼方に』『父帰る』などで知られる菊池寛。今回はやや...
近現代文学

井伏鱒二『ジョン万次郎漂流記』、福沢諭吉『福翁自伝』

井伏鱒二『ジョン万次郎漂流記』―幕末を生きた漁師の数奇な人...