海外文学

近現代文学

サマセット・モーム『月と六ペンス』

『月と六ペンス』(原題:The Moon and Sixp...
ホラー

H・P・ラヴクラフト『狂気の山脈にて』

今回紹介するのは、ラヴクラフト作『狂気の山脈にて』(原題:...
SF

フィリップ・K・ディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』(原題:Do And...
ファンタジー

ポール・ギャリコ『ほんものの魔法使』

今回ご紹介するのは、『雪のひとひら』『猫語の教科書』などで...
児童文学

バリー『ピーター・パンとウェンディ』

『ピーター・パンとウェンディ』(原題:Peter and ...
近現代文学

アントン・チェーホフ『桜の園』

四幕の喜劇『桜の園』は、ロシア人作家チェーホフによる最後の...
児童文学

D.W.ジョーンズ『ハウルの動く城』

今回紹介するのは、ダイアナ・ウィン・ジョーンズ作『ハウルの...
ミステリー・サスペンス

ジョン・ディクスン・カー『三つの棺』ほか

今回は、雪が降る時期にぴったりな内容のミステリー作品をご紹...
近現代文学

E.T.A.ホフマン『砂男』ほか

今回は、池内紀訳『ホフマン短篇集』(岩波文庫)およびパペッ...
近現代文学

モーリス・メーテルリンク『青い鳥』

『青い鳥』は、ベルギー出身の詩人・劇作家であるメーテルリン...
SF

ウィリアム・ギブスン『ニューロマンサー』ほか

今回ご紹介するのは、サイバーパンク、仮想現実(バーチャルリ...
SF

フィリップ・K・ディック『ユービック』

今回は、『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』の作者フィリ...