海外文学

近現代文学

E.T.A.ホフマン『砂男』ほか

今回は、池内紀訳『ホフマン短篇集』(岩波文庫)およびパペッ...
近現代文学

モーリス・メーテルリンク『青い鳥』

『青い鳥』は、ベルギー出身の詩人・劇作家であるメーテルリン...
SF

ウィリアム・ギブスン『ニューロマンサー』ほか

今回ご紹介するのは、サイバーパンク、仮想現実(バーチャルリ...
SF

フィリップ・K・ディック『ユービック』

今回は、『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』の作者フィリ...
近現代文学

シャミッソー『影をなくした男』

『影をなくした男』(原題:Peter Schlemihls...
児童文学

アリソン・アトリー『時の旅人』

『時の旅人』(原題:A Traveller in Time...
近現代文学

テネシー・ウィリアムズ『ガラスの動物園』

『ガラスの動物園』(原題:The Glass Menage...
SF

スタニスワフ・レム『ソラリス』

『ソラリス』(旧邦題:ソラリスの陽のもとに/原題:SOLA...
児童文学

E・L・カニグズバーグ『クローディアの秘密』

『クローディアの秘密』(原題:From the Mixed...
児童文学

エーリヒ・ケストナー『エーミールと探偵たち』

『エーミールと探偵たち』は、『飛ぶ教室』や『点子ちゃんとア...
児童文学

H・M・エンツェンスベルガー『数の悪魔』

今回ご紹介する本は、『数の悪魔―算数・数学が楽しくなる12...
近現代文学

マーク・トウェイン『アーサー王宮廷のヤンキー』

『アーサー王宮廷のヤンキー』(原題:A Connectic...