海外文学

児童文学

L・F・ボーム『オズの魔法使い』

今回は、児童文学の名作『オズの魔法使い』をご紹介します。誰...
SF

アイザック・アシモフ『われはロボット』

アシモフの短編集『われはロボット』は、古典的名作SFのひと...
近現代文学

ディケンズ『クリスマス・キャロル』、島崎藤村『三人の訪問者』

今回ご紹介するのは、チャールズ・ディケンズの『クリスマス・...
ファンタジー

ミハル・アイヴァス『もうひとつの街』

『もうひとつの街』は、チェコの作家ミハル・アイヴァスの代表...
ファンタジー

ショーン・タン『遠い町から来た話』

今回は、オーストラリア生まれの作家ショーン・タンの『遠い町...
SF

ジェイムズ・P・ホーガン『星を継ぐもの』

あらすじ 時は、各国が協力して宇宙開発にあたってい...
SF

H・G・ウェルズ『タイム・マシン』ほか

先人が思い描いた未来像はさまざまです。その中には理想郷もあ...
ミステリー・サスペンス

ハリイ・ケメルマン『九マイルは遠すぎる』

『九マイルは遠すぎる』(The Nine Mile Wal...
近現代文学

ヘンリー・ジェイムズ『ねじの回転』

『ねじの回転』が発表されたのは19世紀末。ゴシック小説のよ...
ミステリー・サスペンス

西澤保彦『七回死んだ男』ほか

今回は、SFやファンタジーの要素を含む異色ミステリーを3点...
SF

ホーガン『未来からのホットライン』ほか

今回は、『未来からのホットライン』を中心に、ロマンス要素の...
近現代文学

ボルヘス『バベルの図書館』『砂の本』

アルゼンチンの作家ホルヘ・ルイス・ボルヘス。その生涯の長き...