幻想文学

近現代文学

フーケー『水妖記(ウンディーネ)』

今回は、ドイツ後期ロマン派の作家フーケーの小説『水妖記(ウ...
近現代文学

内田百閒『東京日記』『サラサーテの盤』

今回は、内田百閒『東京日記 他六篇』(岩波文庫)の収録作品...
近現代文学

梶井基次郎『Kの昇天』『闇の絵巻』

今回は、梶井基次郎の小説『Kの昇天』および『闇の絵巻』をご...
近現代文学

E.T.A.ホフマン『砂男』ほか

今回は、池内紀訳『ホフマン短篇集』(岩波文庫)およびパペッ...
ミステリー・サスペンス

小栗虫太郎『黒死館殺人事件』ほか

今回ご紹介するのは、日本ミステリー界の〈三大奇書〉※と呼ば...
近現代文学

シャミッソー『影をなくした男』

『影をなくした男』(原題:Peter Schlemihls...
近現代文学

夏目漱石『夢十夜』

「こんな夢を見た。」という冒頭文で有名な連作短編『夢十夜』...
近現代文学

泉鏡花『高野聖』

あらすじ これは、現在では高野山の大和尚として知られ...
ファンタジー

ミハル・アイヴァス『もうひとつの街』

『もうひとつの街』は、チェコの作家ミハル・アイヴァスの代表...
近現代文学

萩原朔太郎『猫町』

あらすじ 読者にしてもし、私の不思議な物語からして、...
SF

H・G・ウェルズ『タイム・マシン』ほか

先人が思い描いた未来像はさまざまです。その中には理想郷もあ...
ホラー

江戸川乱歩『押絵と旅する男』

あらすじ 「アア、あなたは分って下さるかもしれません...