日本文学

近現代文学

幸田露伴『観画談』

あらすじ ずっと昔、ある人から次のような奇妙な話を聞...
ミステリー・サスペンス

連城三紀彦『戻り川心中』

『戻り川心中』は、花をモチーフとする短篇ミステリー〈花葬〉...
近現代文学

内田百閒『東京日記』『サラサーテの盤』

今回は、内田百閒『東京日記 他六篇』(岩波文庫)の収録作品...
近現代文学

川端康成『古都』

『古都』は、1961年から62年にかけて連載されていた川端...
ミステリー・サスペンス

倉知淳『猫丸先輩シリーズ』

概要 『猫丸先輩シリーズ』は、小柄で童顔、仔猫のよう...
近現代文学

谷崎潤一郎『陰翳礼讃』

今回ご紹介するのは、谷崎潤一郎の随筆『陰翳礼讃』(いんえい...
近現代文学

梶井基次郎『Kの昇天』『闇の絵巻』

今回は、梶井基次郎の小説『Kの昇天』および『闇の絵巻』をご...
近現代文学

森鴎外『高瀬舟』

あらすじ 桜舞う夕べのこと。この日、高瀬舟に乗せた罪...
ミステリー・サスペンス

ジョン・ディクスン・カー『三つの棺』ほか

今回は、雪が降る時期にぴったりな内容のミステリー作品をご紹...
SF

ウィリアム・ギブスン『ニューロマンサー』ほか

今回ご紹介するのは、サイバーパンク、仮想現実(バーチャルリ...
ミステリー・サスペンス

小栗虫太郎『黒死館殺人事件』ほか

今回ご紹介するのは、日本ミステリー界の〈三大奇書〉※と呼ば...
近現代文学

夏目漱石『夢十夜』

「こんな夢を見た。」という冒頭文で有名な連作短編『夢十夜』...