近現代文学

近現代文学

内田百閒『東京日記』『サラサーテの盤』

今回は、内田百閒『東京日記 他六篇』(岩波文庫)の収録作品...
近現代文学

モンゴメリ『青い城』

今回ご紹介する『青い城』(原題:The Blue Cast...
近現代文学

川端康成『古都』

『古都』は、1961年から62年にかけて連載されていた川端...
近現代文学

サマセット・モーム『月と六ペンス』

『月と六ペンス』(原題:The Moon and Sixp...
近現代文学

谷崎潤一郎『陰翳礼讃』

今回ご紹介するのは、谷崎潤一郎の随筆『陰翳礼讃』(いんえい...
近現代文学

梶井基次郎『Kの昇天』『闇の絵巻』

今回は、梶井基次郎の小説『Kの昇天』および『闇の絵巻』をご...
近現代文学

アントン・チェーホフ『桜の園』

四幕の喜劇『桜の園』は、ロシア人作家チェーホフによる最後の...
近現代文学

森鴎外『高瀬舟』

あらすじ 桜舞う夕べのこと。この日、高瀬舟に乗せた罪...
近現代文学

E.T.A.ホフマン『砂男』ほか

今回は、池内紀訳『ホフマン短篇集』(岩波文庫)およびパペッ...
近現代文学

モーリス・メーテルリンク『青い鳥』

『青い鳥』は、ベルギー出身の詩人・劇作家であるメーテルリン...
近現代文学

シャミッソー『影をなくした男』

『影をなくした男』(原題:Peter Schlemihls...
近現代文学

夏目漱石『夢十夜』

「こんな夢を見た。」という冒頭文で有名な連作短編『夢十夜』...